*遊びの空間*LUDOSPACE

Kangoo,Camp,Outodoor,appleなど気になることを時々...

3.11の記憶 その3(最終)

最後のまとめです。

地震時の家族の状況はというと、

ちょうど弟くんを迎えに幼稚園へ行き、その帰路で地震にあったため
弟くんと奥様は一緒でした。
自転車に乗っていてあまり感じなかったようですが、電信柱は大きく
揺れていたそう。
お兄ちゃんは、小学校で早お帰りの準備をしていたため、先生らと
一緒に校庭へ集合して無事でした。
奥様の実家も怪我無くご無事だったようです。


お兄ちゃんと合流し自宅へ帰って確認したところ、大きな被害はなく、
その後数時間、水道とガスが使えなかった以外は概ね問題が
なかったらしい。


やはり一番の心配ごとは、宇都宮のどこにいるかわからない父親の
行方だったと…

何はともあれ、家族全員無事で良かった。


報道では、
宇都宮の震度は6強と発表されていますが、お客様先の地域は地盤が
ゆるく震度7弱だったということを後から知りました。


よく怪我もせずに帰ってこれたものだと再認識。
本来は、ここで終了なのですが。



自分の実家は?
はい、関西だから大丈夫なんです!!


…と思いきや、


余震で揺らされ不安一杯の車から母親の携帯へ電話をかけてみると


”みんな停電してんねんけど、どないなってんのんや~”という声
えっ?関西も停電なの???
”旅行で茨城から九十九里通って千葉に来てんねんけど~”って


はぁぁ~、耳を疑いました、


”こんな時にあほちゃうか~”という言葉しかでませんでした。
ごめんなさい。
ツアー旅行みたいだったので、同じバスのみなさんと翌日
新幹線の乗れて無事帰っていきました。


最後にオチまでついちゃいました。


余談ですが、
レンタカーはHONDA インサイトというハイブリットカーを
お借りしていました。
ノロノロ運転•暖房という悪条件の約12時間、150kmぐらいの道のり
ですが満タンからおおよそメモリ一つ分しか減りませんでした。
燃料タンクが40Lなので、10Lも使ってない!! 脅威の燃費性能。
電力削減の流れもあり、当分の主流はHV、もしくはPHVと経験から
実感しました。


気を取り直して、

津波や被災された方々の恐怖、心労とは同じ尺度で語ることすら
できないことは理解しています。
ただ、被災を免れた地域は原発、放射能などデマや心ない情報から
安易に煽動されることなく自分たちの尺度で普通の生活を心がけよう
と考えます。


乱筆、乱文にも関わらず最後までお読み頂き有り難うございました。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://amisoyot.blog.fc2.com/tb.php/127-434aa2d4
該当の記事は見つかりませんでした。