*遊びの空間*LUDOSPACE

Kangoo,Camp,Outodoor,appleなど気になることを時々...

iPhone4の電源ボタンが陥没

それは昨日の突然の出来事でした。
出勤前にLaunch Centerで予めTweetlogix、Reederを起動して記事を更新しイザ出かけようとiPhone4の電源ボタンをカチッと押したときのこと・・・
”ガチッ”?あれ、いつもと音が違うのでふっと電源ボタンを確認すると見事に”陥没”しているじゃないですかorz 何度触ってもこれ以降戻ることはありませんでした(泣



時間もないし、自動ロックがかかればいいかとそのまま出勤。しかし、ポケット内では意図しないアプリが起動するわ、自動ロックもジッと待つとなると面倒ものでした。

出勤後グーグル先生で聞いてみたら、この事象はよくあることのようでappleサポートコミュニティやiPhone修理屋さんの記事がいくつも出て来ました。

appleサポートコミュニティに同じ人がいました、

  「iphone4の電源ボタンが原因不明で陥没しました。しかし、メーカーの保証期間も過ぎちゃいました。
  アップルストア持っていくと、修理してくれるだろうか?教えてください。」

  答えは、保障期間切れの場合、全交換で有償13,800円でした。自分がコチラに該当しますorz


また、iPhone専門の修理店では「iPhone電源ボタン陥没修理 7,500円程度」ということも判りました。



13,800円、7,500円というように金額を比べれば明らかではあるのですが、一縷の望みに賭けてみようとapple store銀座店でGenius Barを予約しました。
今までMac,iPhoneともにGenius Barにお世話になることは無かったのですが、予約をとるために時間を確認してたら、凄まじい勢いで埋まっていくのですね・・・焦りました。


ということで、聖地apple store Ginzaに到着。会社からでしたが予約10分前到着でギリギリでした。



4FのGenius Barへ到着。予約時間と名前を告げると空いている席へ案内されて時間まで待つことに。それにしても、月曜日の午後一だというのに大盛況なのですね。

待っている間は他の方の症状なんかも漏れ聞こえてくるのですが、中には”そんなことネットで少し調べればわかるんじゃないの?”という感じでGeniusに一言、二言話をして帰る方もいました。
銀座まで来て、更に待ち時間も潰して相当お暇なのかな?という失礼なことを考えてたら名前を呼ばれました。



担当は小柄な可愛らしい好みの女性!ラッキー!!(失礼・・・)
症状の説明、現物確認しiPhoneをパパパッと操作してシリアルを手際良く確認してもらい結論、、
 「修理はできないので本体交換対応となります」
 「本体交換代13,800です」
と、可愛い顔で仰られたので迷わず”お願いします”と返事しました(笑。この間5分ぐらいの出来事。

本体交換、支払い手続きはいつもの手際よい流れで進み、全体通して30分程度であっけなく終了。


▼このとおり新しくなりました。

ただ、母艦は自宅のMacbook proなので家に帰るまで殆ど何もできない状態。こんな日に限って飲み会入ってるし(汗



▼飲み会が終わって自宅に帰ったのが深夜2:00。ここからMacbook proを立上げバックアップから復元して何とか本日朝の状態まで戻りました~。



結局修理したほうが安上がりだったのですが、2010年8月購入で既に1年半使用しバッテリに懸念があったことや、我が娘に開腹手術(?)を受けさせるのを見るより、本体交換で別人に嫁いでもらったほうがこの先頑張る期間も長いことから、諭吉さんの出費は痛いですが本体交換にしました。
気持ち的に心機一転、新生活を始める感覚で良かったです。

ただ、「日本一のフィルム貼り」で有名なAppbank原宿店さんでせっかく張ってもらったのが無くなったのは惜しい気持ちで一杯です。また、お願いしに行こうと思います。昨日テンポラリーで張りましたが気泡入りになってしまいました。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。