*遊びの空間*LUDOSPACE

Kangoo,Camp,Outodoor,appleなど気になることを時々...

ポケモンタイピングDSを購入しました。


前々からiPadで使用するBluetoothキーボードが欲しかったところに丁度amazonで安くなっていたので購入しました。3DSポケモンタイピングゲームができるので最悪の場合でも使い途がある、というのも背中を押した動機のひとつです^^;
ピカチュウのファイティングポーズが可愛いw



▼裏面には、タイピングゲームの遊び方や同梱品の説明書きでピチュー。




▼開封後同梱品の確認。
キーボード、スタンド、DSソフト、単三乾電池x2がきちんと確認できました。あたりまえか(^^)




▼ニンテンドーワイヤレスキーボード<シロ>
USキーボードと同様にひらがなは印字されていないのでとってもシンプルです。他のBluetoothキーボードを使ったことはないですが持った感じは比較的軽い部類に入りそうで、高級感はお値段相応という感じがしました。キーストロークは適度にあるので慣れればタイピングはし易そう。




▼いつものDSソフトのパッケージ内の真ん中にROMが鎮座しております。




▼こちらはDSコンパクトスタンド。
三つ折りになってるのをパタパタと起こすとこんな感じになります。こちらもプラスチック然としていてそれなりな作りです。DSには十分そうだけど、iPadにはどうだろうか?!




▼早速iPadを乗せてみたところ、必要十分というところでしょうか^^;




iPadBluetooth設定画面を開き、ニンテンドーワイヤレスキーボード側の電源をONにします。単純に電源をONではなく、キーボードの”Fn”を押しながら電源を入れる必要があるようです。最初は認識されずに焦りました。その後、画面の通り無事に認識しました。




iPadのメモアプリでテスト入力。かな、漢字、英数、顔文字ともに問題なく入力できました。




▼最後は3DSにも認識させてポケモンタイピングに興じる息子!!自分が使わなくなった時の嫁ぎ先(?)もバッチリです。




全体を通しての感想としては、iPadのキーボードは画面が隠れるし、長文を打つことは確かに向いていないため、これを補うのには十分でした。ただ、Macbook Airもあるので長文を打つ時はiPadで使うことは少ないかなということと、入力したい場所へはiPadの画面へ手を伸ばしてタッチしないといけないのが意外に面倒と感じました。
じゃあ、買うなよ!というツッコミが入りそうですが、もう少し気長に使って見定めてみようと思います。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。